器のデカさの話(←違う)

こんにちは、ロボテック洲本校フクナガです。

朝晩すっかり涼しくなり体調不良の予感がプンプンしている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

いつも喉から風邪ひくけど、プロポリススプレーを手に入れた今年の私は一味違うゼ!…と思ってたらオナカ壊しました。油断は大敵。

さてさて。
ロボテック、9月度も後半に突入しました。

こどもたちは元気ですねー。
特に元気なのが、新規の1・2年生を対象とした低学年1クラス。
通常は生徒3人につき講師1人だけど、生徒3人に3人の講師がつく低学年1クラス。
それぞれの講師が「そうか、今日は、あのクラス…!!」と気合を入れなおす低学年1クラス。

そんな低学年1クラスに、18時からの高学年クラスのお兄様が早目に教室入りした日。

とりあえず群がり、
IMG_5409.jpg

テレビにも群がり、
IMG_5410.png

容赦ないお兄様にコテンパンにじんとり合戦で伸され、
IMG_5413.jpg

先生に噛みつく。
IMG_5411.png


……なにこのチビッコ達、可愛い!!!愛でたい!!!

と思うのは、わたしがこのクラス担当外だかららしいです。担当講師みんなヘトヘト(笑)

保護者さんは「いつも迷惑かけてすみません、遠慮なく叱ってやってください!」と仰ってくれますが、O先生の落雷はオトナでも泣きそうになるのであまりそーゆーこと簡単に言わないほうがいいですよ。めっちゃ怖いよ。子ども達チビルよ。トラウマなるよ。てか、そもそも講師陣も「身体は疲れるけど、とても楽しいクラス」って言うてるから大丈夫!保護者のみなさま、ご安心を!!


もちろん、
物を乱暴に扱うとか、
誰かを攻撃するとか、
他人の邪魔をするとか、
そーゆーのは叱りますけどね。

話を聞かないとか、
ナマイキな口を利くとか、
テンションあがって騒ぐとか、
そんなん別に大丈夫。

できた!楽しい!面白い!難しい!悔しい!腹立つ!

自分の感情を素直に表現するって大切ですよね。子どもは、特に。


あと、「迷惑」という言葉で思い出したんですが、

大昔(私が学生だったころ)新聞のコラムに

『日本人は「他人に迷惑をかけないようにしなさい」と子どもを育てるけど、
この国の人(どの国か忘れた)は「他人の迷惑を許せるようになりなさい」と子どもを育てる』

って載ってたんですよ。

「迷惑」の基準は人それぞれ。それなら、気を使うよりも許せる人間になったほうがラクに生きられる…すごく合理的な考えだな、自分もそんな風に生きたいな、と人間関係に悩んでいたお年頃の私の心にとても響いたのでした。

そんなわけで、よければ皆さんも今日からこの考え方を心の灯の一つにしてください。


そして、もし私が色々とやらかしても、

IMG_5414.jpg

どうぞ、よろしく。

プロフィール

robotechsumoto2020

ロボテック洲本校は淡路島にあるロボットプログラミング教室です。

「まずはやってみよう!」を合言葉に、ロボットプログラミングを通じて「生きる力」を育むことを目的とし、2018年12月より開校いたしました。

教材には、レゴ®マインドストーム®EV3と、現役システムエンジニアにより開発されたロボット教材Think!Logic(シンクロジック)を使用。

おとなも子どもも、それぞれの個性を爆発させながら、楽しくのびのび学んでいます。